読者のみなさま

Share on Facebook75Share on Google+0Tweet about this on Twitter

読者のみなさまドイツから『チェルノブイリの健康被害-原子炉大事故から25年の記録』がネットで配信されました。WHO(世界保健機構)の広報とはまったく異なることが書かれています。私たち医師としても驚愕の内容であり、多くの人に知っていただくべきと考え、翻訳に取り組みました。


原発事故はもう2度と起きてはいけませんね。もし、チェルノブイリ級の大惨事が日本で起きれば、私たちの健康と子どもたちの未来、そして美しい国土が失われます。


しかし、政府や原発の地元自治体、電力会社そして原子力を推進してきた学者たちは原発を再稼働させようとしています。彼らはもしかして放射能の健康被害の怖さを知らないのではないか、あるいは、知りたくないのではないか。チェルノブイリで起きたことをしっかり勉強していただければ、原発はすべて廃炉すべきであると思うはずです。そう信じて、私たちはこの報告書(論文集)を翻訳しました。したがって、このウェブサイトの目的は『原発廃止』ということです。


実際翻訳してみると、あまりにも恐ろしい内容にキーボードの手が震えました。内容は専門用語もありますが、一般の読者の方にもご理解できるようにと、できるだけわかりやすく翻訳したつもりです。長文ですので一章ずつ、1週間ほどかけて、ゆっくり読まれることをお勧めします。



最後に、現在福島の被災地で過ごしていらっしゃる方にお話しなくてはいけません。ここに書かれていることが、福島でそのまま起きるとは全く考えていません。フクシマ原発事故では放射性降下物は西風のため大部分が太平洋に落下しました。一方、チェルノブイリはユーラシア大陸の内陸部に位置していたので、ほとんどが人々の住む大地に降り注ぎました。風の方向と、立地条件によって被害状況が左右されるということです。


そして、食べ物や飲み物も日本とは異なりました。経済的な理由で汚染された物を食べざるをえなかったという事情もあります。チェルノブイリではその点の注意が十分ではなかったようです。ただ、チェルノブイリから遠く離れたヨーロッパでも健康被害が報告されています。もし、これが事実だとすれば、念のためにできる限りのことをされることをお勧めいたします。たとえば、高濃度汚染地域には決して近づかない、食物・飲み物はなるべく汚染されていないもの購入する、小さいお子さんや妊婦さんはできれば離れた地に避難される、などです。


私たちは、この翻訳がみなさまにご迷惑をかけるのではないかと心配し、ネット配信を控えるべきかとも考えました。しかし、チェルノブイリ級の大惨事になれば、これだけのことが起きるのだという事実を、国民全員に知っていただくことも大切と考えました。もしも、福島の人々の幸せを考えずに、遠くから無責任なことを言っていると思われましたら、それは私たちの不徳の致すところで、申し訳ありません。

どなたにも健康被害が生じないことを心より祈っております。


原発の危険から子どもを守る北陸医師の会一同

カテゴリー: 資料集 タグ: パーマリンク

読者のみなさま への13件のフィードバック

  1. 電脳写真工房 のコメント:

    ありがとうございます。
    わたしのブログでも紹介させて頂きます。

  2. Yuima21c のコメント:

    福島の一住民として、こころから感謝します。
    わたしもブログとツイッターで拡散に努めます。

  3. Yuima21c のコメント:

    わたしのブログに貴サイトの本文を転載し、この目次ページへのリンクを貼らさせていただきました。

    『チェルノブイリの健康被害-原子炉大事故から25年の記録』日本語版リンク
    http://besobernow-yuima.blogspot.jp/2012/07/blog-post_27.html

    改めて、ありがとうございます。

  4. Junichi Suzuki のコメント:

    facebookページに紹介させて頂いてもよろしいでしょうか?

  5. 原発の危険から子どもを守る北陸医師の会 のコメント:

    よろしくお願いします
         吉田均

  6. Junichi Suzuki のコメント:

    ありがとうございます!
    下記のfacebookページに載せさせて頂きました。
    No Nukes & Save the Children from Fukushima

    facebookアカウントが無くても、Googleなどで検索して参照することが
    できます。
    お手数ですが、よろしくお願いします。

  7. haru のコメント:

    ブログに紹介させてもらっても よろしいでしょうか?

  8. 寺本和泉 のコメント:

    はじめまして。
    資料公開に感謝いたします。
    下記のブログに紹介させていただきました。
    星の対話プロジェクト(災害避難者の人権ネットワーク)

    原発の危険から子どもを守る北陸医師の会
    資料:汚染除去作業員にみられる健康影響
    http://starsdialog.blog.jp/archives/10918913.html

  9. ピンバック: 「福島の小児甲状腺がん発症に関する1考察」 | 大輪プロジェクト

  10. ピンバック: 「福島の小児甲状腺がん発症に関する1考察」 | 大輪プロジェクト

  11. ピンバック: 「福島の小児甲状腺がん発症に関する1考察」 | 大輪プロジェクト

  12. ピンバック: 「福島の小児甲状腺がん発症に関する1考察」 | 大輪プロジェクト

  13. たきがは のコメント:

    翻訳していただき、ありがとうございます。

    遅ればせながら自分のブログでも紹介させていただきました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です